整形で今までの自分から生まれ変わる

整形かどうかの見分け方

整形手術をする人は増えてきています。
出来れば手術をした事を知られたくないと思っている人もいるでしょう。
では、実際には天然なのか整形なのかを見分ける方法と言うのはあるのでしょうか。
分かりやすいのは目です。
埋没法などで二重にした場合、目を閉じてもまぶたに線が入っている場合は手術の経験がある人かもしれません。
また凄く目が腫れぼったいのにきれいな二重になっている人や、泣いた翌日で目が腫れているのになぜか二重と言う人は、もしかしたらきれいに二重手術をしている可能性があります。
ただ天然の人でもそういう傾向がある場合も有るので、一概に整形だとは言えません。
鼻も比較的簡単な見分け方で判断する事ができます。
それがブタ鼻になるかどうかです。
プロテーゼを中に入れている場合、どうしてもナチュラルな作りにはならないので、潰したとしてもブタ鼻にはなりにくい傾向です。
ただ現在では技術もかなり進んできていて、簡単な見分け方では分からない様な物も少なくありません。
従って、一概にこうだから整形と言う事はなかなか言えないのが現状です。

顔から身体まで「整形の見分け方」

世界各国で整形の技術は向上し、ナチュラルな仕上がりも増えてきました。
顔から身体まで色んな整形があり、大きな胸を逆に小さくする手術もあるくらいです。
でも、整形を見分ける事は可能なのでしょうか。
必ずしもとは言えませんが、見分け方はいくつかあります。
鼻筋の場合、横から見てモアイのように眉間から真っすぐ伸びた鼻筋は、東洋人には珍しい形状です。
目の間にカーブがなく、まるで額から一本の棒が入った形なら手術をしているかもしれません。
二重の場合、両親が一重なのに子供がくっきり二重の場合は少し怪しいです。
祖父母からの隔世遺伝の可能性もありますが、両親どちらかが二重なら、二重の子供が生まれやすくなります。
胸の場合、まれにスリムなのに胸が大きくなる体質の方もいますが、極端に痩せているのに胸に風船が入ったように大きいのは、整形の可能性があります。
仰向けになった時に左右に乳房が流れず、垂直にお椀状になっているならその可能性は高くなります。